まずはここからです

a man holding on the smartphone

WEBサイトがどのようにして作られているのかをまずは学んでいく必要があります。その際にあなたが覚えるべきことは、プログラミング言語です。プログラミング言語が色々混ざりあった上でWEBサイトというのは作られています。もちろんなかにはペラページしかないようなところもありますが、基本的にまともなサイトであれば階層も深くなっているのでさまざまなプログラミング言語を勉強していくことになるでしょう。では具体的にどのような種類があるのか?インフラエンジニアに限らずWEBサイト制作に関わる人は、絶対にHTMLに関する技術をマスターするようにしてください。HTMLはまさにWEBサイトにおけるもっとも基本となるところになるので、これを知っておくことは必須条件です。HTMLは色々なプログラミング言語と同期させるいわばプラットフォームになり、スキームと言ってもいいでしょう。乗せたい文章を書いていき、そこにタグや他のプログラミング言語をくっつけることで動的なWEBサイトを作ることができるようになります。はっきり言って最初はちんぷんかんぷんになると思いますが、HTMLの概念に関してはどんな初心者であっても十分マスターできる範囲だと断言します。インフラエンジニアを目指す第一歩としてはHTMLから触れていくようにしましょう。また、インフラエンジニアになる場合はphpに関する知識も特に重要になるので、phpもセットでしっかり学んでみてください。インフラエンジニアはサーバー知識も必要になるので、phpを必然的に必ず扱うことになるでしょう。